心(しん)


中国最古の医学書といわれる「黄帝内経」には、

『心主夏』心(しん)は夏をつかさどる…とあります。

心(しん)は血液循環と精神を司るところ。

夏は動悸や息切れ、倦怠感などに悩まされがちです。

心(しん)を補う食材には、

苦瓜やニラなど苦味のあるものがあります。

ココナッツやアーモンド、コーヒーもいいですよ。

関連記事

  1. puravieランチ
  2. 「春の養生」
  3. ランチメニュー 9月後半
  4. 想い
  5. イベント「大人女子のパワースポット巡り」ランチ
  6. 秋のデザート
  7. puravieランチ 12/6〜
  8. puravieランチ 9月
300_300_lunch

ご訪問ありがとうございます!

  • 27現在の記事:
  • 16今日の訪問者数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 70昨日の閲覧数:
  • 21744総訪問者数:
  • 32141総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016-08-12カウント開始日:
PAGE TOP