香りのお話し

  1. なりたい自分になる

    人は今の自分に必要な香りを自然に選んでしまうもの。でも、「なりたい自分になるために選ぶ」そんな香りとの付き合い方があってもいいと思うんです。自分が何を必要としているのか、足りないものを補うような感じで、自分自身のバランスをとることを大切に。何かを達成するためのブレンド作りのお手伝…

  2. サンダルウッド

    【サンダルウッド】お客さまと一緒にバスソルトをよく作ってます。最近の人気の香りは(なんと!)サンダルウッド!お一人の方は、2日間そのままお部屋で香りを楽しんだ後にバスタブに入れ入浴を楽しんだと教えて下さいました。「それでもバスルームの中にはずーっと香りが残ってたのよー♡」って。サン…

  3. 受信能力

    香りは万能ではありません。特効薬ではないので 期待した効果が得られないと 人はすぐに別の「癒し」を求める。大切なのは エネルギーを大脳でダイレクトに受け取ること。そして、香りの刺激を敏感に嗅ぎとる受信能力の高さ。香りで癒されるには 香りを感じ取る能力を日頃から高めておくことが大切なので…

  4. 夏の養生

    湿度の高いこの梅雨の時期は、汗をかいても体内には余分な水分が溜まりがち。水分バランスを調整するには利尿作用のある食材で排出。夏に旬を迎える なすやきゅうり、枝豆やピーマンやズッキーニ、とうもろこしを。それらほとんどは「涼性」でもあるので、身体の中から涼しくなる力もくれます。そして…

  5. ジャスミン

    初めてジャスミンの精油の香りを嗅いだ時、後頭部を殴られたような強烈な刺激を受けた私。それからしばらくはジャスミンが苦手でした。ずっしりと重く、いつまでも鼻の中に残る香り。ジャスミンに含まれるインドールという成分は糞便にも含まれる成分で、悪臭。そのインドールの濃度をドンドン薄めてい…

  6. 体臭コントロール

    昔々その昔、中国の高貴な女性の間で流行った「体身香」。毎日飲み続けると、5日目には体が匂い、10日目には着物が匂い、25日目には手を洗った水までも匂ったという香りの丸薬。使われていたのは、麝香や丁子、桂皮、龍脳など。どれも濃厚で中枢興奮作用を持つ芳香物。鼻の効く私などは想像しただけで…

  7. 媚薬

    精油は植物から採れる香り成分。アロマセラピストの私が使うのは精油。動物性香料は基本的に使用しません。麝香や龍涎香、霊猫香、海狸香などの動物性香料は、古くから媚薬や強壮剤として利用されてきました。また、非常に濃厚でセクシーな香りは、香水やお香の材料としても使われています。異性を惹きつけう…

  8. 五月病のアロマ的対処法

    わけもなくもやもやイライラしちゃう「五月病」。薬膳対処の次は、アロマテラピー的対処法。精油の香り成分は私たちの心に入り込み、穏やかな気分や爽快な気分を与えてくれます。神経バランス回復作用に優れているクラリセージローマンカモマイルベルガモットゼラニウムなどでの 芳香浴、ア…

  9. 愛の花

    【ローズ】ローズは愛の花です。情緒に対して緩和作用を示し、悲しみや嫉妬、恨みといった感情をほぐすのに効果があります。ローズは女性的な精油で、女性に自分自身に対する肯定的な感情を抱かせます。…

  10. 魂に響く香り

    アロマテラピーは「芳香療法」と訳されています。植物から抽出した精油を用いた手当てです。植物にとっての香りは、自己の存在をアピールするものであり、生命力そのものです。植物の香り成分は、私たちの心や身体のみならず、魂にまで作用します。それには精油がホンモノ・100%ピュアナチュラルであ…

300_300_lunch
PAGE TOP