アロマテラピー

  1. ハイドロゾル

    Puravieでお出しするお水にはハイドロゾル(芳香蒸留水)をお入れしています。精油を蒸留すると 比重の違いによって精油と芳香蒸留水に分かれます。芳香蒸留水は精油に比べて安全性が高く、飲用もできるので(世に出回っているものが全てではありませんので注意)大変効果的で便利です。飲用したり…

  2. アロマ体験イベントのお客様の声

    先日のアロマランチにご参加下さったお客さまがブログに感想を書いて下さいました。香りの好みは変化することがあります。その時の自分に必要なものを欲するんですね.∗̥✩⁺˚♡ .∗̥✩⁺˚♡ .∗̥✩⁺˚♡➡「天然の香りって最高~」を読む…

  3. 幸せホルモン

    香りは 大脳辺縁系や視床下部といった感情を司る場所に直接届きます。 これがアロマテラピーが感情や気持ちに素早く効く理由の一つ。視床下部といえば、自律神経やホルモンの司令塔。なので精油は 心の不調にだけではなく、ホルモン分泌の調整だってできちゃう。例えば、ラベンダーやベルガモッ…

  4. ハンガリアンウォーター

    アロマテラピーの世界でよく語られる逸話に「ハンガリアンウォーター*若返りの水」があります。中世のヨーロッパのお話。14世紀のハンガリーの王妃エリザベートは70才を過ぎて体調を崩しますが、献上されたイタリアの修道院で作られたチンキを飲み健康を取り戻します。さらに、隣国ポーランドの20代半ば…

  5. クラリセージ

    私たちを夢の世界にさらに近づけてくれ、たくさんのスピリチュアルな教訓を与えてくれる精油です。夢を鮮明にしたり、思い出しやすくします。眠りにつく前に、はっきりさせたい疑問や問題点に気持ちを集中させ、夢で答えやアドバイスを得られるように願います。メモを枕元に用意しておいて、目が覚めたら夢の…

  6. 虫除け

    植物の芳香成分の中には、虫が嫌う香りを持ち、防虫に使えるものがあります。ゼラニウムやローズに多く含まれるシトロネロールには昆虫忌避作用。ゲラニオールにも防虫作用があり、ヨーロッパではゼラニウムの花をベランダに置いたり、ラベンダーは昔から虫除けハーブとして庭に植えられています。【ブレンド】…

  7. スクール案内

    Puravieで使用する精油は、欧州の分析機関の厳しい検査を通過しているメディカルグレードのものです。100%純粋なオーガニック精油を用いて、フランス式アロマテラピーの実践の発信と普及、そしてそのスペシャリストの育成のスクールをスタートさせます。【初級コース】アロマテラピーを日常生活に取…

300_300_lunch
PAGE TOP