アロマテラピーという言葉

アロマ=芳香、セラピー=療法。

アロマセラピー(アロマテラピー)とは、

精油を目的を持って活用する芳香療法です。

この言葉を生んだのは フランスの科学者

ルネ・モーリス・ガットフォセ。

化学の実験中に火傷を負った彼は、とっさにラベンダーの精油を使用し完治した…という経験から 精油の薬理効果を発見し、研究を重ね、1937年に「Aromatherapie」という著書を発表しました。

関連記事

  1. ネロリのリンス
  2. キャラクター 「ジャスミン」
  3. マジョラムの香り
  4. ジャスミン
  5. プライマリーレッスン
  6. メディカルアロマテラピー
  7. 香を聞く
  8. 「精油の抽出方法と基材論」
300_300_lunch

ご訪問ありがとうございます!

  • 5現在の記事:
  • 18今日の訪問者数:
  • 23今日の閲覧数:
  • 20昨日の訪問者数:
  • 28昨日の閲覧数:
  • 17740総訪問者数:
  • 26764総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016-08-12カウント開始日:
PAGE TOP