香りのお話

アロマテラピーに欠かせない精油は数十から数百もの有機化合物を含んでいます。

だからこそ1つの精油がいくつもの作用を持っているの。

私たちは必要な時に必要な精油を用い 不調を癒したり健やかにすることができます。

香りは自分に不足している部分を補ってくれたり、パワーアップしてくれたり、また 自分を表現する=マーキングにも使えます。

さらに、疲れた時に自然とパワーある食べ物を求めるのと同じく いくつもの香りの中から「今の自分に必要なもの」を直感で選んだり。

精油との付き合い方はいくつもいくつも。

ただ、心の部分 魂の部分に香りを作用させるなら、自分自身の直感が鈍ってないか気をつけて。

まずは自分の感性を磨くことから始めるのが必要かも?

関連記事

  1. 幸せホルモン
  2. イベントランチ
  3. プロローグ
  4. puravieの想い
  5. 好きな香り
  6. お茶の時間
  7. 男だって香らせたい
  8. キャラクター「ネロリ」
300_300_lunch

ご訪問ありがとうございます!

  • 12現在の記事:
  • 16今日の訪問者数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 70昨日の閲覧数:
  • 21744総訪問者数:
  • 32141総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016-08-12カウント開始日:
PAGE TOP