香りの不思議


アロマテラピーの基本は 好きな香りを選ぶこと。

ラベンダーやカモマイルには鎮静効果があり、ストレスの解消に使われます。
しかし、好きな香りもまたリラックスさせる効果があるのです。

だから、ストレス解消にはラベンダーやカモマイル…と、こだわらなくてもよいのです。

たとえば 興奮作用があるローズマリーやユーカリだって、それが好きな香りなら気持ちは落ち着きます。
これが 香りの心理効果の面白いところ。

視覚は まず大脳皮質で情報処理され、それから辺縁系に結果が伝えられてきますが、嗅覚情報は辺縁系にダイレクトに伝達されます。
なので「好き」「嫌い」といった初期感情がまず先に起こるのですね。

関連記事

  1. クレイパック
  2. クラリセージ
  3. アロマテラピートリートメント
  4. 水蒸気蒸留
  5. ハイドロゾルセラピー
  6. 花粉症
  7. スィートマジョラム
  8. 中医学とアロマテラピー
300_300_lunch

ご訪問ありがとうございます!

  • 19現在の記事:
  • 51今日の訪問者数:
  • 57今日の閲覧数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 64昨日の閲覧数:
  • 19045総訪問者数:
  • 28620総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016-08-12カウント開始日:
PAGE TOP