人種による体臭の違い


日本人は香りの使い方が下手だといわれています。日本は湿度が高いので 香りがこもってしまうし、何より私たち日本人は体臭が薄いため必要にせまられないせいでもあるのでしょう。

そもそも体臭は、もともとの体臭によるものと、食べ物の好みなどからくるものがあります。
西洋人にとって日本人は魚臭く、

日本人にとって西洋人はバター臭い。

ニンニクの匂いのする民族もいるし、

カレーの匂いのする民族もいる。

また、体臭≒食べ物の好みは 香りの好みに影響を及ぼすとも言われていて、
スパイスのきいた食べ物を好む人々は、

強いしみ通るような香りを好み、

乳製品を多くとる人々は、フローラルなフレグランスを好み、

私たち日本人は、デリケートなフレグランスを好む傾向があるようです。

関連記事

  1. キャラクター「ローズ」
  2. 愛の花
  3. キャラクター「ネロリ」
  4. 相乗効果
  5. 嗅覚トレーニング
  6. 夏の養生
  7. 香り
  8. 香水
300_300_lunch

ご訪問ありがとうございます!

  • 51現在の記事:
  • 16今日の訪問者数:
  • 25今日の閲覧数:
  • 53昨日の訪問者数:
  • 70昨日の閲覧数:
  • 21744総訪問者数:
  • 32141総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016-08-12カウント開始日:
PAGE TOP